ごーぞくのぶろぐ

陰キャのブログです。気になったら見てってくれると嬉しいな

一人暮らしの苦難

どうもごぞくです。これを書いてるのは午前5:11です。要するに暇なのです。なのでなんか語ります。ライブ感を大事にしてるので書きながら言うこと考えてます。なんか書けることないかなって探してても正直最近の俺は怠惰な社会不適合クズ人間的な生活を送っているので昼に起きてコンビニ弁当食ってゲームして寝るを繰り返してるだけだし正直書くもんなんてねーよって思ってます。あ、そうじゃん、一人暮らし生活約3ヶ月目の所感とか書いちゃおっかな。うん、それだね。


はい、そういうわけで書きます。3月辺りの記憶はかなり朧げですがまあ何とか思い出して書きます。



私は3/26だったかな、まあそんくらいから一人暮らしを始めました。正直、私はなんだかんだ自己管理能力あると思ってたし、守銭奴だから倹約のために自炊もすると思ってました。

幻想でした。

私はクズです。思い出しました、そういえば俺クズだった。そういう訳でまあそこら辺、来年一人暮らしする予定の人、コロナでまだ実家だから秋から一人暮らしする人は俺を反面教師にして最低限の文化的な生活を送ってほしいです。


・部屋の清掃について


私は正直綺麗好きでは無いけど汚いのは嫌いだという自覚がありました。というかそうだったんだと思います。だからなんだかんだ汚くなったら掃除するだろうと思ってました。

ところが現実はそうもいきません。人間は進化する生き物です。私たち生命体は周りの環境に適応するため姿形、習性を作り替えてきました。そして私という一個人も誰も掃除する人、及び掃除をしろと叱る人がいない環境に適応するために脳を進化させました。そう、汚い環境でも生きていけるように進化してしまったのです。もしここで自己管理が出来る優秀な人間ならばいきなりそういった環境に置かれたとしても、言われずとも掃除をするようになったり、日を決めて掃除をしようと自分ルールを課すことで部屋の清潔感を保とうとするはずです。しかし私はクズ人間、そんなことできるわけもなく、明らかに間違った方向へ自分を進化させてしまいました。結果部屋が一生汚いまんまでめちゃくちゃコーラの空きペットボトル落ちてます。1000円あげるから誰か捨ててきて。というかもはやこれは退化なのでは?もう完全にバカ進化です。どのくらいバカかというとコメツキムシくらいです。コメツキムシって知ってます? 仰向けになってる状態で触るとバチコーン!って上に跳ねて仰向きの状態から元の体勢に戻る習性がある甲虫です。あと跳ねる時の音と上に飛び跳ねる行動を取ることで天敵を威嚇する効果もあったりするらしいです。これめっちゃアホじゃないですか?いや跳ねなくても普通に横に転がって戻れるように進化すればいいだけなのにわざわざめちゃくちゃ跳ねて元に戻るという選択肢を取って進化してるんですよこの甲虫。お腹めっちゃ痛いじゃん。あと天敵を威嚇する効果もあるらしいんですけど普通に天敵からしたら、うわっ!ビックリした〜なんやこいつ食うたるわってなるだけじゃないですか?別に逃げ足も早くないし普通に捕まりますよねこれ。というずっと思ってたことをここで吐き出したとこで元の話に戻るんですけど、とにかく私のようなゴミ人間は誰も注意する人間がいない環境に置かれると、言われなくても頑張ろう!とはならず普通にクズレベルが上昇するだけです。まあなんとかなるだろうと思ってる人は気をつけてください。


・自炊について


私は守銭奴です。自慢じゃないですが誕生日とかそういう特別な事情を除いて他人に奢ったことがマジでほぼ無いです。ごく稀にジュース程度は奢るのですが。まあとにかく金を落としたがらない人間なので外食などに比べてあまり金を消費しない自炊は金のためにちゃんとやるだろうと思ってました。

もう全然やりませんでしたね。5日くらい謎の丼を作成しただけでした。ちなみにその丼は皆から犬のエサだとかゲロだとかなんだとか言われました。最悪ですよ俺のフォロワー。

分かったこととしては俺は金を最優先にするのでは無く自分の怠惰を圧倒的に優先することがわかりました。

自炊ってめっちゃめんどいんですよこれ。まず米を炊く、これがもうめんどくさい。米を入れる釜を洗うのダルすぎ。あともう野菜切るのもめんどいし後始末もめんどくさい。こんなクソダルいことやるくらいだったらちょっと金出してコンビニ弁当買って食うわアホがって感じです。

しかしコンビニ弁当ばかりを食べていると金の出費はとんでもなくなるのです。一食あたり600円とかしますからね。実際私が引っ越したばかりの頃はかなり食費に金を使ってしまっていました。そこで私はまたしても進化しました。進化の安売りしすぎだろ。そう、一日一食で十分生きていけるよう体が進化したのです。1回の食事が高いなぁ.... じゃあ一日一食だけで済ませば総合的に見たら自炊して三食食った時と値段変わらんやん!っていうもう脳筋キャラですらもっとマトモなこと考えるだろみたいな思考に辿り着き、体を適応させました。オンライン授業のおかげで体を動かさないためカロリーもあんま消費されないので正直全然なんとかなりました。あとめっちゃ痩せました。多分そろそろ死ぬと思うのでTwitterの更新が3日ほど見られなかったら死んだと思ってください。

とまあ今はもうそんな感じです。三食モリモリ食べる健康男児はもう小学校で卒業してんだよ! というかなんかどんどん一日の食事の回数減ってるんですよね。小学生の頃は普通に毎日三食食べてたんですけど、中学生の頃に音ゲーにハマって夕食代と言って渡された金を全部音ゲーに使っていたので二食になっちゃったんですよ。んで高校も中学と同じで一日二食で過ごして、いざ大学生になったら一日一食に減るという。社会人になったらもう食べなくなっちゃうんじゃないかこれ。

まあとにかくやめた方がいいです。色々と。今口内炎と肌荒れヤバいです。栄養がクソすぎて。


まあとにかく色々あるんですけど流石に眠くなったので寝ます。今の時刻は午前5:57、40分で書いたんでクオリティはまあそんな気にすんなということで寝ます。おやすみ。

ナポリの男たちについて

どうも、ごぞくです。一人暮らしも落ち着いてきたということでまあブログを書くか、という思考に至りましてまあどうせすぐ書かなくなると思いますがまあそういう次第です。そういう訳で本題に入りましょう。


今回はもう私が推しに推してる実況グループ「ナポリの男たち」について書いていこうかなと思います。


ナポリの男たちとは


ナポリの男たちは元々個人で活動していた実況者4人が集まってできたグループである。4人全員おっさんであり、メンバー4人のうち3人は10年以上も前から動画を上げ続けているとにかくヤベーグループなのである。最近は展示会やったりなんかFFのCM出てたりドロヘドロのワンシーンに映ってたりしてる。


ナポリの男たちのいい所


なんと言っても動画作りに常に献身的。元々長年個人でやってきたのもありとにかく魅せ方やその他もろもろがマジでめちゃくちゃ上手い。実況を本気で作ってるってのがマジでめちゃくちゃわかるしとにかく企画や編集、構成、どこを取っても面白いし上手い。


とまあとにかく編集がスゴい丁寧だし流れに添いながらも面白いとこをバンバン放流してくるのでずっと面白い。なのでもう皆見てくれという感想。語彙力が死んでる。


あとやっぱ全員おっさんなのがめっちゃいいです。マジで見てて疲れない。一生見れる。


ナポリの男たちのメンバー


①ジャック・オ・蘭たん

通称実況会の三葉虫。最年少でありながらナポリの実質的なリーダー。

12年だったかなんだったか正確な数字は忘れたがマジでゲーム実況という文化が始まった頃から今の今までずっと実況を続けてる超ド古参実況者。企画力の妖怪。


②すぎる

通称西の天才実況者。関西弁。声がとにかく常時割れている。ゲームが基本的に下手で定期的に詰む。見せ場の鬼。蘭たんほどではないにしろこちらも相当な古参実況者である。


③hacchi

通称実況界の金字塔。実況カテゴリで初の総合ランキング1位を取った男。天才。ネガティブ。トークセンスがとにかくずば抜けており語彙力の妖怪。個人実況はもう上げてないので今更新されている実況はほとんどナポリだけ。


④shu3

通称(?)やべーやつ。実際ヤバい。他の3人に比べると実況歴は長くないがそれでも6、7年はやってる。ナポリでは主に生放送の準備だったり色んなプログラム組んだりと縁の下の力持ち。あとめっちゃ笑うし下ネタを言う。個人実況は企画物が多くとにかくやり込みが半端じゃないのでヤバい。


・動画紹介


個人的に一番紹介したかったのはここなのでむしろここから読んでくれって感じ。

結構色んなシリーズあげてるけどとりあえず何から見ればええねんって人に向けて紹介していきます


①4人でひとつの村に住む男たち

(https://nico.ms/sm32764749?cp_webto=share_others_iosapp)


グループでワイワイやるというスタンスで無く個人実況×4をまとめたって感じの動画。個人個人で別れているため誰がどういう声なのかを認識しやすいのでとりあえず最初はこれを見て欲しい。ただ個人実況の垂れ流しで無く、メンバー同士が仕掛けたイベントだったりなんだったりが色々混ざりあってとにかく面白いので見て欲しい。


②ゼロから始める恐竜生活へようこそ!

(https://nico.ms/sm30070208?cp_webto=share_others_iosapp)


あの最近色々話題のArkの実況。とにかく笑いどころ満載だし茶番も多いしめっちゃ面白い。とりあえずグループでワイワイしてるの見たいって人はこれを見るべき。下に声の波形が出てるので誰が喋ってるのかも結構わかりやすいしかなりオススメ。


 ナポリの男たちの挑戦 〜スーパーマリオ64DS編〜 

(https://nico.ms/sm31785754?cp_webto=share_others_iosapp)

すぎるがプレイしてそれをhacchiとshu3が色々ツッコミとか入れるっていうスタイルの実況。たまに蘭たんも出てくる。すぎるが余りにも下手すぎるのでグダグダしてるの嫌いって人にはオススメしないが下手プレイ見て笑える人にはマジでクソほどオススメ(俺がそのタイプなので)

④単発実況全般

ポケモンGTA、PUBG、鹿狩り、アサシンクリード、丸太運びなど色々あるが単発はマジで全部オススメ。いや俺はもう全動画好きなんだけど。
動画時間も15分とか20分のが多いし結構気軽に見れる。個人的には鹿狩りの動画が一番好き。

ポケットモンスターGTAの世界へようこそ! 
(https://nico.ms/sm29437253?cp_webto=share_others_iosapp)

最強戦法!?後部座席から襲い来るフライパン!
(https://nico.ms/sm31566669?cp_webto=share_others_iosapp)

鹿狩りを学ぼう!
(https://nico.ms/sm32928683?cp_webto=share_others_iosapp)


怪盗を見抜け!暗殺者たちのマルチプレイごっこ
(https://nico.ms/sm32353887?cp_webto=share_others_iosapp)


4人ですすめ!危険な丸太輸送ミッション
(https://nico.ms/sm33186301?cp_webto=share_others_iosapp)



と、まあ個人的にナポリ見たことない人に見てほしいのはこれらの動画だがそれなりに見たあとは呪怨とかリムワールドもめちゃめちゃ面白いので見て欲しい(呪怨はpart1がエグいほどグダグダだから人を選ぶしリムワールドも結構それなりに見てる人しかわからないネタがあるのでそれなりに知ってから見て欲しい。面白さが倍増するので)。

他にも色々あげてるがとりあえずのオススメはこんな感じ。youtubeにも色々あげているがそれらも紹介してるとマジで量が多すぎてクドくなりそうなので今回はここら辺で。


三国志演義について

皆さんどうもこんにちは、ごぞくです。前回の受験の記事で飽きて辞めると思ってたでしょ??いいえやめません。いや、特に書くことなかったからしばらく書くつもりはあんま無かったんですが周り見る感じ結構どうでもいいこと書いてばっかだったのでまあ俺も趣味について喋るのもいいのかもなって思ったので筆をとりました。いやまあキーボード打ってるだけなんですけど。まあ、あいも変わらず無駄に長い前置きは置いておき本題に入りましょう。


今日私が書いちゃおっかな!って思ったのは「三国志演義」についてです。

三国志、まあ皆さん一度は聞いたことはあるでしょう。劉備孫権曹操の3人とその臣下達が鎬を削り中国の統一を図るといった、まあ今流行りのキングダムの時代から400年ほどあとのお話です。上記であげた劉備孫権曹操、他にも関羽張飛、そしてかの名軍師、諸葛亮孔明などはパズドラやモンストなどのソシャゲにも登場しなんだかんだ何人かは聞いたことあるんじゃないでしょうか。まあ今回はそんな三国志についてです。とは言っても今回は史実の三国志ではなく、それを元に物語チックに書かれた「三国志演義」についての説明です。史実の三国志は一応調べてはいたんですけどそれも含めて話すとマジで書くことが膨大になりますし、ネットの知識から得たものばかり故に割と曖昧なものも多いので所々話しますが話の軸は三国志演義を中心として書いていきます。まあ私の三国志演義の知識の大元は横山三国志なのでそれはそれでなんとも言えないのですがネット知識よりは信用に足りるでしょう。あと物語チックにしている分、史実よりも万人受けするでしょうってことで、まあこれで多少たりとも興味を持ってもらえればって感じで書いていこうかなと。


〇ストーリーについて


三国志演義は主に劉備玄徳という人物に焦点を当てて書かれています。詳しい人物についての紹介はまた後に書きますが、劉備玄徳は主に「人徳」に特化している人物として書かれています。また元々地位がそれなりに高かった曹操孫権とは違い裸一貫で一国の皇帝にまで上り詰めた(ここは確か史実も一緒)ため、物語の主人公にはピッタリでしょう。

そんな劉備玄徳が裸一貫から皇帝まで上り詰めるまでの話、そして皇帝となったその後の話のまあ簡単に言えば二部構成で書かれています。趣味についてダラっと書く気なのでここの話を事細かに説明してるとマジで膨大になってしまうため、細かい説明は省きます。


〇登場人物について


登場人物もめちゃくちゃいるため、主な人物だけ紹介します。


劉備玄徳:上記で書いた通り、三国志演義における主人公的な立ち位置。貧民の出であるが後に蜀という国の皇帝となる。聖人君子のような人物であるが戦はあまり上手ではないという印象を受ける。(ただし史実では優れた武人として書かれてたり、普通に聖人君子じゃなかったりもする)


曹操孟徳:三国志演義における悪役のような立ち位置。政治の手腕や行動力などに特化して書かれており後に魏の皇帝となる。


孫権仲謀:呉の皇帝となる。主人公を劉備とし、悪役を曹操として書かれているためかなり地味な印象を受けるがなんだかんだ重要な局面ではしっかりと関わってくる(赤壁の戦いとか)


関羽雲長:劉備と桃園の誓いで義兄弟となった1人。劉備側の人間でありながら曹操に非常に気に入られており、度々勧誘を受ける。また、呉や魏の将にも非常に危険視されており、強い(小並感)


張飛翼徳:ちなみに史実では下の名前が変わる。関羽と同じく桃園の誓いで劉備と義兄弟になった1人。演義では豪傑かつ粗暴な印象で書かれてる。でもめっちゃ強い。強いけど体罰とかする。(史実では別にそんなことはない)


諸葛孔明:言わずと知れた名軍師。戦術も政治も秀でてたり天候操れたりとにかくチートキャラのような感じに書かれてる(もちろん史実とは全然違う) ちなみに後半は劉備よりも諸葛亮を中心に書かれてる。ジョジョ2部と3部のジョセフと承太郎みたいな感じ。


司馬懿仲達:魏に仕える諸葛亮のライバル的存在。演義では諸葛亮の引き立て役として書かれがちだが普通にめちゃくちゃ天才。デスノートのニアとメロみたいな感じ。ちょっと違うけど



他にも呂布とか魏延とか色々重要キャラはいるが、まあめちゃくちゃ省略するとこんくらい。正直読めば全然わかるのですが一応これくらい知っているだけでも読み始めた時にちょっと分かりやすくなるはずです。


〇魅力


主人公が絶対に勝たない。これが私が思う魅力ですかね。物語自体もめっちゃ面白いのですが個人的にはこれが一番です。普通のマンガって最終的に主人公が勝つもの(まあデスノートとかはそんなことないけど)ばかりですが三国志演義は史実を元にしてる為普通に全然主人公は負けますし失敗もしますし、何より重要なキャラもめちゃくちゃ死にます。コイツ重要キャラじゃん、みたいなやつもそのすぐ後の戦いで死んだりします。これがもう面白いです。サイコパスかよってなるかもしれないんですけどとにかくこれが面白いんですよね。まあ確かに横山三国志では死ぬ直前に旗が折れたり馬が暴れたりと何かと不吉な予感を示す描写はあるのですが。

普通なら最後に自爆して綺麗に散る、とか後のために重要な傷をつける、とかそういうのも無く死ぬんです。これが非常に最高なんですよ。リアル、とにかくリアルです。確かに史実と違うところはかなりありますが、それでもリアルさを失わず、またドラマチックに描かれています。



三国志を元にしたことわざについて


正直私が紹介したかったのはこれです。これも魅力の1つですが、三国志から取られていることわざは多くあります。このことわざの作られた状況を知っているとより楽しめます。あ〜、このことわざってここから来てたのか!ってなります。こうなると嬉しくないですか?僕は嬉しかったです。はいそういうわけで簡単に紹介していきます。


泣いて馬謖を斬る:これは割と聞いたことあるんじゃないでしょうか。意味はどれだけ優秀な人材でも、法や規律を曲げずに罰する」という意味です。「泣いて馬謖を斬る思いで彼を解雇した」みたいな感じです。これは諸葛亮が非常に気に入っていた馬謖という人物が非常に重要な戦いで失態を犯したため大敗し、規律のために愛弟子の馬謖を処刑する。といった状況から取られています。ちなみに諸葛亮が泣いている理由は史実と演義で違います。(史実は純粋に愛弟子の馬謖を処刑することになった悲しみ故だが演義劉備の遺言にあった「馬謖は信用するな」という言葉を信じられなかった自分に)嘆いている


苦肉の策:これはマジでめちゃくちゃ有名なんじゃないでしょうか。誰もが一度も聞いたことあるであろう言葉ですが実はこれも三国志からです。なにかとマイナスな意味で使われがちなこの言葉ですが実は間違って伝わったもので本来の意味は「敵を欺くために自分の身を犠牲にする」といった意味です。これは史実ではなく演義の方から来た言葉であり、黄蓋という将が曹操を欺くためにわざと孫権の意見に反対し鞭打ちの刑を受ける、といった場面から取られています。


水魚の交わり:これは聞いたことあるし意味もなんとなくわかる、って人もまあそれなりにいるんじゃないでしょうか。これも実は三国志が由来とされており、諸葛亮を非常に気に入っていた劉備に対しあまり良い感情を抱いていなかった古参の関羽張飛に「私たちは水魚の交わりのようなものだ」といった場面から取られています。ちなみに意味は魚は水があってこそ生きられるというものであり、要するに私たちは切っても切り離せぬ関係って意味です。ウチらズッ友!一生のダチ卍。あの小学校の頃女子が持ってた一期一会のやつに「ウチらマジ、水魚の交わり」みたいなの入れてもいい気がします。


伏竜鳳雛臥竜鳳雛とも言う。これは有名かって言われると微妙なのですが、私が個人的に好きなので説明しておきます。意味は「まだ世間に知られてはいないが将来は有望な若者」という意味です。ちなみに伏竜とは水中深くに潜み、昇天の機会を伺う龍、鳳雛とは鳳凰の雛のことです。これは司馬懿諸葛亮を伏竜と例え、また諸葛亮と同じくらい才能に溢れていた龐統という人物を鳳雛と例えたことを取ったものです。ちなみに私が三国志で一番好きなのはこの龐統という人物なのですが、まあ詳細は控えます。ネタバレになるので。


千載一遇:有名な言葉ですが、これも実は三国志繋がりです。とは言っても本編とは関係がなく、三国志の名臣を紹介した「三国名臣序賛」という本の一部から取られた言葉です。意味は千年に一度会えるかどうかってレベルでヤバい みたいな意味です。「千載一遇のチャンスを逃した」とか割と言いますよね。


孔明の罠司馬懿の「待て、慌てるな。これは孔明の罠だ」という画像がありますが、あれです。これはことわざと言えるかは微妙ですが、割と有名なので一応紹介しておきます。諸葛亮は上記の説明の通り演義では非常に戦略に優れており、司馬懿を度々奇策によって騙し、戦いに勝っています。それ故に定石通りに行けばこうであるのだがそれすらも罠なのではないか、と疑った司馬懿が発したのが、「待て、慌てるな。これは孔明の罠だ」というセリフです。


とまあ、他にも色々あるんですが使いやすいのはこんくらいなんじゃねーかなって感じです。とまあ、キモヲタばりに長々と喋っちゃいましたが、割と色々あります。こういうことわざの裏話とか知るの面白くない???まあなんかの豆知識とかになってくれればいいなって思って連ねましたが気になったら是非一度読んでみてください。一番オススメは横山三国志ですね。あの小学校の図書館とかに置いてあった唯一のマンガみたいなやつです。ちなみに私はあれで知りました。


とまあ、そんな感じです。ホントはもっと書きたいことだらけなんですけど、ネタバレにもなるし手軽に書ける量じゃないのでこんなもんです。知識間違ってたらごめん。ここまで見てくれてありがとう。それでは、また。

底辺の底辺による底辺のための大学受験の記事

どうも、ごーぞくっていいます。ブログ作りました。実は結構昔からあったんですけど特に書くことなくて全く更新してませんでしたが、まあ受験も終わって暇だしちょっと記事でも書いちゃおうかなって思ってアカウント引っ張り出してきた次第です。まあそういうどうでもいい前置きは置いといて、早速本題に入りましょう。


前述の通り、私は大学受験を終えました。受かった大学は関西大学で学部は総合情報学部です。関関同立の「関」の1つですね(もう1つは関西学院大学)。

ちなみに関西大学関関同立最弱と言われており、実際私も最弱だと思ってましたしむしろ最弱だからこそ狙ってた感はあります。マジで〇〇がやりたい!とかそういうのもなくて正直最低限のネームバリューがあればいいな〜って思ってた程度だったので。ちなみに学部も関西大学内では最低では無いですが割と下の方です。まあなんとか世間で言われてる難関私大に滑り込みで入ったって感じです。

まあ正直めちゃくちゃいいって大学ってわけでも無く、合格体験記みたいなブログ書くほどかよって思われるだろうし正直自分もこれ書いていいんか?って思ってます。

まあ自分は高三入った時ガチの底辺で、別に高三入ってペン先齧りながら机にへばりついて勉強した訳でも無かった割には割とええとこ行ったやんけ....って感じなので「そんな偏差値が高いわけでもない高校の底辺でマジでこんなんFラン確定ですやん..... でも1日何時間も勉強したくないょ。。。」って感じの人に向けてまあなんか1個でも参考になればって感じの記事を綴っていこうかなって思ってます。頭いい人はなんかバカがイキって書いてますやんw程度に思っててください。

ちなみに私がどれだけ底辺だったかというと進研模試(←ここ重要)の全国偏差値(←ここ重要)で偏差値40普通に切り続けてたレベルです。ちなみになんか1個が特筆して悪いとかそんなんじゃなくマジで全科目ゴミクズって感じの成績でした。

特に英語が酷く、高二1月の進研模試で全国偏差値24を出してしまった時は震えて漏らしてしまいました。ママーーッ!! 

あと評定平均が2.9/5.0だったので指定校推薦もどこも取れませんでした。もうしねよお前


まあでも今そんな感じの境遇の人も結構いるんじゃないでしょうか。正直今からじゃ遅いんじゃね?ってなってる人も、いるんじゃないでしょうか。自分には勉強の才能とか無いんじゃね?って人も、いるんじゃないでしょうか。 

いや、マジでやり方変な方向向かない限りはそんなペン先齧りついてガツガツやらなくても偏差値55から60くらいは狙えると思います。例え高三で0から始めたとしても、です。特に私立は科目が少ないので使う科目を偏差値55から60あたりにすることは絶対可能と言わないですが、まあ0からやったとしても不可能では無いはずです。まずは諦めないことです。今からセンター試験までまだ10ヶ月以上もあります。全然追い抜けます。でも皆も勉強してるから一緒なんじゃ....って思ってても大丈夫です、追いつけます、やり方間違えなければ絶対追いつけます。偏差値65とか70とかに追いつくのはそれ相応の才能が無い限りは流石に厳しいですが、まずそこら辺目指してるような人間は高3入る段階で偏差値40とかになっていないので。


はい。まあ要約するとまだこの時期ならどんだけカスくてもなんとかなるぞ ということです。バカを自称する虹村億泰ですら今からやれば偏差値55くらいにはなれます。ですが、その道のりをバカにしてはいけないです。偏差値40辺りの人間にありがちなのが、というか俺がその類だったのですが、まあ俺、本気でやれば偏差値60くらいはチョロいっしょwって思っちゃうことです。その考えはマジで危険です。確かにガツガツやんなくてもなんとかそれなりにはなると言いましたが舐めたままでいいって訳じゃないです。マジで今の時期くらいから0から1になろうとする努力くらいはしないと気づけば何もしないまま試験前日になってます。人間そんな簡単に変われないので。むしろこの変わろうと行動することがめちゃくちゃ最難関なのでは?ってくらいです。なのでとりあえず始めましょう。悩んでる人は今すぐ始めましょう。勉強しようかな....という塵程度の向上心が芽生える時点で他の偏差値40の受験生の一歩先を行けています。


はい、そういうわけでまあ俺が伝えたかったのはまだ諦めんなやってことだけなんでここで終わってもいいんですけど、一応自分の勉強方法とかも説明しようかなって思います。ちなみに国数英だけしか使ってなので理科社会は知りません。お前程度のゴミみたいな勉強方法なんか聞かんくてもいいわボケって思う人はフィードバックして勉強始めてください。

それでは説明していきます。何度も言いますがこれはあくまで偏差値40に向けての説明です。


まずはどの科目でも共通して言えるのは、夏休みまでに基礎知識(英語で言うところの英単語、数学だと最低限の公式)を完璧に覚えろとは言わないけど最低1、2周はした方がいいわよ!ってことです。覚えるのはぶっちゃけダルいですが最低限は覚えた方がいいと思います。鉄壁丸覚えしろと言ってるわけではないですが最低限の土俵には立ちましょう。というか暗記苦手な人間がここで下手に量がどちゃクソ多い単語帳や難しい数学などの参考書に手を出すと知識の収集がつかなくなります。

ここら辺で暗記系統の知識を覚えておかないと知識の定着が遅くなり、すぐに知識を引き出しから引っ張り出せない可能性があります。試験は割とスピード勝負みたいなところはあるので、いくら覚えてもすぐ取り出せなければ意味があまりないんじゃないかって思いますし、反射的にすぐ知識を引っ張り出せず、しばらく考えて取り出すとホントにこれだったか....?ってなって自信が無くなり、そればかり気にしてしまい思考に支障が出てきます。特に本番はマジで、マジでなります。

あと、応用入ったあとの基礎知識の暗記はクソダルく感じてやらなくなるので、とにかく応用は授業とかでやる程度にして自主は暗記をべらぼうにやってた方がいい気がします。

ちなみに私が4月から7月にかけてやったことは


英語

・中学英語

シス単1050まで(できれば1200までが望ましい。俺はだるくなって1050でやめたけど)

・下校中、英語の読み方、コツについて模索する。


数学

・数IA、IIB(ベクトル以外)の黄チャート一周(応用は解いてない。あとベクトルは嫌いすぎてやらなかった)


たったこれだけです。マジでこれだけです。3ヶ月かけてこれやりました。とは言っても元々これだけやる予定だったって訳ではなく、もっと色々やるつもりだったが先伸ばし先伸ばししてたらこれだけしかやれなかったってのが正解です。偏差値40の人間は無限に先伸ばしするのでちょっと予定を多くするくらいが一番いいです。まあそれでも基礎知識は入ってます。そう考えると俺、偉い!

あと下校中は英語についてめっちゃ考えてました。めっちゃは嘘ですけど。まあとにかく考えることは重要だと思います。インターネットで調べるのもよし、自分で考えるのもよし、とにかく何事もなんとなくのコツを掴むことが大事だと思います。中学英語は俺がカス過ぎてやってただけなので別にまあ中学まではなんとかなるって人はやんなくてもいいです。



そして夏休み、受験における登竜門だとかなんとか言われてます。まあ実際ここでどんだけ稼げるかが大事ですね。ここでようやく応用おじさんの登場です。ここで解きまくって知識定着させるのがいいんじゃないかなぁって感じです。4〜7月にかけて覚えたものはあくまで整理されてないバラバラの知識です。これをなんとかかき集めて4〜7月に覚えたものを反射的に知識を引っ張り出せるようにしましょう。自分はとにかく応用応用応用!!!って感じでした。応用の楽しさを知ってしまうともう暗記には戻れねんだ......

 まあでも新しい知識を暗記して取り入れようとはあんましませんでしたが、4〜7月に覚えたことを一応復習してはいました。何回か前にやった分取り組みやすくはあるはずです。

ちなみに夏休みやったことは


英語

センター試験の過去問(復習めちゃくちゃちゃんとやる。←とても重要)


数学

センター試験の過去問

・なんか学校で貰ったクリアーってやつ

・黄チャートの応用問題


国語

センター試験の過去問

・読書(自分の好きな分野でいいのでとにかく活字の本に触れることが重要、な気がする。俺は純文学とかそこら辺ばっか読んでたら物語文は結構できるようになった。)


というような感じです。私はセンター試験の問題が好きだったのでセンター試験ばっかやってましたがそこは別になんでもいい気がします。まあ何につけてもとにかく復習が大事です。まだ量より質の方がいい気がします。


そして夏休みを終え、そこから12月まではなんか色々やってました。赤本もここら辺から触り始めました。自分は正直夏休み終わったらすぐ受験だという認識だったので夏休みで伸ばさないとヤバいと思って結構焦って勉強していたのですが、全然そんなことも無く、また周りも流石に受験モードに入るため案外集中できるので自分が夏休みの期間に得た知識をどう上手く活用していくかを無限に模索し、実行し、失敗し、また模索しを繰り返しましょう。この時期はマジで模試とかクソほど受けるようになるので自分に合うやり方や勉強方法を見つけやすいはずです。

ちなみに夏休み終わりから12月まででやったことは


英語

・ポレポレ(和訳を紙に書いていった)

・やておき500

・面白いほど取れる英文法

・基礎問題精巧英文法

河合塾の模試の過去問(センター形式)

・なんかよくわからん会話文色々載ってるやつ

・ライティングの練習

・赤本(関大と南山)


数学

河合塾の模試の過去問

・ニュースタンダードっていう学校で配られたヤツ


国語

・得点奪取古文

河合塾の模試の過去問

・本読む


というような感じです。見ればわかる通りほぼ英語に集中させてました。ここら辺で一気に英語が伸びましたね。センター形式だと夏休み終わった段階で100前後だったものが12月入る頃には150前後とか取れるようになりました。ライティングや文の和訳は私立志望なのであまり関係なかったのですが、とりあえず色々やってみるかってことでやってみたやつです。これが私にとって身になったかと言われるとわかんないんですけど実際伸びてるんであったんじゃないんですかね。とにかくやってみよう!ってことです。WANIMAです。数学国語も一応やってました。やってた時間は国語+数学=英語って感じでした。


そして12月に入ると、センター試験に向けての対策が始まります。自分は国公立志望でもなければセンター利用に命かけてるわけでもないので別に今まで通りでもよかったのですが、皆やってんぢゃん、、、って思って便乗してやってました。これが国民性。正直ここら辺の私はあんま褒められた行動はしてなかったと思います。むしろここもうちょっと上手くやってたらもっと色々楽になってたんじゃないかって思うくらいには何もかも空回りしてましたし、実際センター試験も爆死しました。皆やってるからと言って自分のスタンスを崩しちゃダメです。常に逆張り、社会に反抗の姿勢を見せましょう。塾や学校でセンター対策なんてクソほどやるんでセンター利用を特に重視してない私大志望は学校で最低限の対策して自習中は今まで通り勉強した方がいいです。自分は11月とかの段階でセンターの過去問で長文のミスが1〜3とかだったのですが、センター用の英文法に力を入れすぎてどんどん読むのが下手になってしまい、普通に7ミスとかになってました。半端な実力で出来ると勘違いし別の単元に移ってしまったのはかなりの失敗でした。結局英文法も多少は出来るようになったのですが堕ちた長文をカバーできるほどまでは伸びず、センター試験本番を迎えてしまい、本番では126点という投身自殺レベルの点を出してしまいました。

そういうわけで自戒も兼ねてのこの時期でやってたことです。反面教師にでもしてください。


英語

・面白いほど取れる英文法

河合塾の過去問

駿台の過去問

・vintage


数学

河合塾の過去問

駿台の過去問

・文系プラチカ


国語

河合塾の過去問

駿台の過去問


はい、マジでセンター対策しかしてねぇなって感じでした。自分はセンター試験大好き人間でしたので勉強の軸はセンター試験でやっていましたがセンター試験対策だけやるのもダメっぽいです。ただ前述では英語にばかり焦点を当てて話してましたが、実は数学はこの時期で一気に伸びました。なんで前の文で書かなかったかというと忘れていたからです。ジジイだから仕方ない。国語はもう現状維持を無限に目標にしてました。


そんなわけでセンター本番です。直前はもう慌てて新しい知識を入れず、今ある知識で勝負しようということであまり躍起になって勉強することを避けていました。今思うとこれもあんまよくなかったのかなぁ。まあそこはよくわからんですが、まあ国数英なんて直前やってもそんな変わんねぇよ!!って思ってたのでセンター前一週間は恐怖に震えながらちまちま勉強してました。

そしてセンター本番、点数はと言うと


英語126

数学130(69-61)

国語116(88-28)


って感じでした。しんだら? まあでも難化した言うてたし......って当時は自分に言い聞かせ、なんとか心折れないようにしましたが、普通に半泣きでしたね。唯一の救いはなんとか現代文がそれなりに取れたことぐらいかなぁ。ちなみに私は「出来た!!」って言ってた友達の現代文の答案を見たら私の答案とまるっきり答えが違ったのでマジで終わった.....って解答速報出るまではなってました。周りを信用するなよ!!数学も練習時は80台とか出てた割にはゴミだったなぁって感じでした。ちなみにこれは言い訳ですが数IAは2ab(7進数)っていうのを49×2+a×7+bではなく2×( a×7+b)と計算してしまい、これで10点以上落としました。まあ、言い訳なんですけどね。これも含めての実力です。


はい、そしてセンターを終え、ここからはセンターから私大の一般入試までの1、2週間の話をします。ある意味この時期が私の命運を分けたんじゃないかなぁって思います。

センター試験で爆死をし、本気で焦った私はとにかく英語を元に戻さないと話にならないと思い、本来予定していた古文の対策を捨て、とにかく英語をやりまくりました。数学も多少は触りましたがマジで英語ばっかやってました。正直この時期が受験期で一番頑張った時だと思います。唯一ペンに齧り付いてた時期です。

そういうわけでこの期間やったことです。


英語

・色んな大学の長文(問題解かず読むだけ)

・ポレポレ


数学

プラチカ


こんだけなんですが、長文はマジで1日15文とか読んでました。問題を解かないだけでなく知らない単語の復習とかもマトモにせずとにかく読みました。ある意味博打みたいな勉強方法だったのですが結局は同志社で7割くらい取れてたりなんだかんだ成功したので多分これがよかったんだと思います。勝てば官軍、勝てば官軍なんですよ。


はいそういうわけで私大入試本番。結構受けたため一校一校説明するのもダルいのでまとめて言いますが、まあ結論をいうと全部ちゃんと良くないと私大は受からんなってことです。あとここは絶対受かる!って思ったとこは落ちます。前日は基本ニコニコ動画見て寝てたのですが、関大だけは前日に、出たらめんどそうな古文単語だけ抽出しそれを本気で覚えていました。試験会場でも暗記しており、英語始まる前に古文単語やってたしめちゃくちゃ紙に書きなぐってたのでなんだこいつはって思われてたと思います。まあこれが功を奏したのか、練習時は2/8とかだったのか本番で6/8とかになりました。正直これが決め手でしたね。あと多分数学が9割ありました。プラチカのおかげだね!


ちなみに試験結果を待ってる期間が個人的には一番辛かったです。試験を受けてる期間は目の前の試験に手一杯すぎてあまり前の試験を考える余裕はないのですが、試験期間が終わるとマジで不安の波が一気に押し寄せてきます。あんな1日が長かったことはこれまで無かったです。龍谷の結果発表の前日に朝4時くらいに寝て起きたらすぐ結果見れるように調整しよう!と思ったのですが緊張しすぎて4時に寝て8時に起きてしまいました。ちなみに龍谷は落ちており、個人的に龍谷が一番自信あったのでもう完全に終わったと思い、後期の予定を立ててました。諦めが早すぎるだろって思われるかもしれないですが、受験の不安とはこういうものです。Twitterで無限にヘラり、自殺しかけてました。それでまあその2日後に京都産業大学に合格し、その後関西大学も合格してました。正直受かると思ってなかったのでこれ裏口入学なんじゃね?とすら思ってました。ちなみに第一志望に受かる確率は10%とからしいです。神もしかして俺のこと大好きだな? まあ龍谷落とされたので±0です。


といった感じです。まあ正直運もかなり絡んでたと思ってますが、俺が個人的に一番重要だと思うのは問題の相性です。問題の相性が悪ければA判定でも落ちる人は落ちますし、逆に相性が良ければ無限にEとかD判定とかだった俺でも受かります。最低点や得点調整や、その他諸々、とにかく色々調べて、解いて、行けそうなとこを見つけてください。A判定だったのに落ちてる、というような人をマジで無限に見てきたのでこれはホントに大事だと思います。そういうわけで私の受験はこんな感じでしたが、一応まだこれ書いてねーなってことが何個かあるので書いておきます。



〇文転について


私は9月に文転しました。ある意味これも今思えばいい判断だったと思います。こっから本気でやればいける は妄言です。いけないので才能が無いと判断したら切り捨てましょう。というか理系で数学の才能がないと多分大学で詰みます。ちなみに理系から文転する際に一番オススメの学部は経済、経営辺りです。理由は数学が使えるからです。理系でやってくだけの才能はなくとも今まで理系でなんとか付いていってただけで、マジで上位を狙わない限り文系ではそれなりに通用します。数学は基本、取れる時はめちゃくちゃ取れるのでマジでハマった時は90とか取れますし、基本的に取れない人も一定数いるため、平均自体はあまり他の社会系と変わらなくなるので得点調整もかかりにくいです。故に、私大を大量に受ける人間にはかなりおすすめです。確かに失敗することも多々ありますが、成功した時のバックがデカいです。まああくまで大量に受ける人間だけですが。


〇塾について


勉強の習慣がマジでカスゴミすぎて全然自習とか続かないし行かないって人は個人塾をオススメします。自分がそのタチだったのですが、個人塾は基本面倒見がめちゃくちゃ良く、また一人一人しっかり認識されてる為あまりサボらなくなります。教師の質については大手の塾に行ったことがないため比較が出来ないのですが、自分が行っていた塾の授業は普通に分かりやすかったです。確かに大手塾は設備も良く広いですが、誰かの目がないと勉強できねぇって人は割と個人塾もありな気がします。


〇英語について


これはマジなのですが、志望大学次第では英文法は後回りにしてもいいと思います。なんか英文法が英単語と同じくらい重視されてるイメージがあるのですがぶっちゃけ最低限覚えてればなんとかなります。というか長文でいちいち文法なんて気にしないです。まあ最上位狙うなら話は別ですが、最上位狙いではなく、また英語は最低限取って他で稼ぐヮって人はもうあんな極太の英文法の冊子やらず毎日1個長文やってた方がいい気もします。俺は冊子が太すぎて爆速で挫折しました。まあ極める上で英文法はかなり重要なソースにはなるのですが、初心者が迂闊に手を出すべきじゃないです。あれは上級者の嗜みです。



はい、長々と書きましたがこんな感じです。こんなカスみたいなやつから参考になるようなことなんてないかもしれないですが、カスゴミからカス程度になりたいにょ。。。って人に向けて書いたのでホント、いじめないでください。全力で保身かけてます。じゃあ書くなって話なんですけど、書きたいことだってあるじゃない。

はい、そういうわけで終わります。これからもなんか書くと思うので読者になってください。最後に後期センター利用にオススメの大学書いておきます


・中部大学 国際関係学部

大阪学院大学 経済学部

太成学院大学 人間学部

東海学園大学 経営学